呼び出しベルはさまざまな業務で活躍!効率を上げて業務をスムーズに

いろいろなシーンで役に立つ呼び出しベル

テーブルに置かれた呼び出しベル

受付などに人がいつもいるとは限らないお店に行った時に、誰もいなくて困った経験というのは誰にでもあると思います。そういう時、呼び出しベルがあれば大きな声を出して人を呼ぶ手間が省け、呼んでも誰も来ないので諦めて帰ってしまうということもなくなります。呼び出しベルは電話よりも気楽に使える便利なコールシステムの一つなのです。
一般的な使い方としては飲食店などで客が用事のある時に呼び出しベルを使って知らせるというものです。しかしそれ以外にも小規模の会社内で従業員の呼び出しなどにも使用することが可能です。フードコートなどでは店舗周辺の混雑緩和のために呼び出しベルがよく用いられています。
音だけでなく光や振動で知らせるタイプの呼び出しベルはハンディキャップのある人や小さな子供を連れた人たちにも使いやすく、ワイヤレスであるのでその場で待たなくてもいいという利点があります。また日本語のわからない外国人や、プライバシーを確保したい病院や役所などでも名前を呼ぶことなく相手を呼び出すことが出来るのでとても便利です。呼び出しベルのデモ機を一週間程度無料でレンタル出来るところもあるので、本格的に導入する前に試してみるのもお勧めです。

呼び出しベルで仕事の効率アップにつながる

業務用として呼び出しベルを導入すれば、仕事の効率が高まります。例えば、小さな小売店では常にレジに人を立たせておけない場合もあります。品出しや掃除などを少ない人数でやっていれば、レジに常に人を置くことは難しいです。そんな場合に呼び出しベルがあれば、レジにお店の人がいなくても来客があったときにすぐに戻ることができて効率的です。お客さんの方も、いつまでもレジに人が来ないとイライラしてしまいますし、呼ぶのも面倒と感じてしまってお客さんを逃してしまう原因になりますが、呼び出しベルがあればすぐに来てもらえるのでお客さんを逃してしまいません。
呼び出しベルはコールシステムという名前で売られていることもありますが、とても安価です。設置工事も必要なく、発信機と受信機を置くだけでOKです。使ってみたいけどきちんと運用に役立つのか不安という方は、デモ機を一週間無料でレンタルできる業者もあるので、試してみてはどうでしょうか。一週間も使ってみれば良し悪しがわかりますし、仮に使うのはやめようと思ったとしても無料なので負担はありません。機種によって音のなり方や音量調節ができるのかといった違いもあるので、機種を選ぶときには値段だけでなく性能も見て選びましょう。

飲食店のオーナーが呼び出しベルを購入する場合の基本とは

居酒屋などの飲食店を経営するうえでは、原価率を下げたり人件費を抑えることが成功のカギになります。特にメニューの単価が低い店舗では、顧客からの注文に迅速に対応することが大きな課題です。呼び出しベルを店内のすべてのテーブルに導入すると、少ないスタッフでもきめ細かい対応ができるようになります。またワイヤレスのコールシステムであれば、特別な工事をせずにすぐに導入することが可能です。呼び出しベルには様々なタイプがありますが、店舗の規模に合わせて最適な商品を選ぶことが重要です。販売台数が多い呼び出しベルは、ユーザーからの評価も定まっているので購入しやすいです。また居酒屋ではお客様が間違ってビールをこぼすことも多いので、呼び出しベルを買うときには耐水性にも注目する必要があります。長期間の使用にも耐えるハイグレードな製品は、リピート利用している飲食店のオーナーにも大人気です。また送信機が10個付いたセットは、店舗開業時に購入する場合にも最適です。そしてわかりやすい説明書付きの製品を選ぶと、多機能であってもすぐに使いこなせるようになります。チャイムの音が選べる製品は、店舗の雰囲気に合わせて上手に活用できるのが魅力的です。

注目記事

おすすめリンク

Top